×

王子神谷の整体・治療院せなかリペアのスタッフブログ更新中!

スタッフブログ
  • 猫背改善院長のブログ2021.03.23

    こんにちは!治療院せなかリペアの関です(^_-)-☆

    先日、結婚してから約15年も経つのにブライダルフォトを撮りました。

    私たちは結婚式をしなかったのですが、
    結婚した当初、写真くらいは撮ろうと話していました。

    しかし、菜保子さんが「痩せたらね~」と言って、そのままスルー(笑)

     

    あれから早15年、やっと痩せた!!

     

    でも正直、アラフィフで若者に交じってフォトスタジオに行くのはきつかった(^▽^;)

     

    <お知らせ>

    (1)■コロナウィルス感染予防に際して当院の対応■

    「スタッフのうがい」、「手洗い」、「ベッドなど触れる部分への施術毎の消毒」、「換気(毎時間)」、「マスクの使用」を徹底致します。

    ※日常生活から気を付けていく次第です。受診の際などにお気づきの点がございましたら、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

    ※診療時間や休診日など、宣言中に変更はございません。

     

     

    ~健康で美しく機能的な生活を送るためのヒント ~

    ★★★「腹圧を高める」★★★

    姿勢を良くする上で欠かせないのは、腹圧を高める事です。

    腹圧とは、お腹周りを外から圧迫する力です。
    簡単に言うと、おへそを凹ましてみて下さい。背筋が伸びる感じがしませんか?

    それが【腹圧】です。

     

    しかし、四六時中おへそを凹ませている訳には行きませんよね、、、。

     

    実は、お腹周りの筋肉を鍛える事で、平時から腹圧を高める事が出来るんですよ!

     

    それでは、さっそく腹圧を高める方法をご指導します!

    1.ドローイング【腹横筋】

    いつも言っているあれです(笑) 息を吸う時にお腹を膨らませ、吐く時にお腹を出来る限り凹ませます。これを10回~。

     

    2.ニースライド【腹直筋(アウター)】

    (1)仰向けに寝て、膝を90°くらいに曲げます。両手を太ももの上に置きます。


    (2)両手を太ももの手前から、膝頭に指先が届くまで滑らせて身体を起こします。
    ※動作中は必ず頭などの勢いを使わず、ゆっくりスライドさせる。


    3.ヒップロール【腹斜筋(ウェスト)】

    (1)仰向けに寝て、両手を横に広げます。両足は股関節と膝関節を90°に維持します。

    ※写真は、膝を伸ばしていますが90°に曲げて行います。(伸ばすと強度が上がります)


    (2)持ち上げた両足を左右に床ギリギリまで倒していきます。これを10回~。
    ※ゆっくり行うことで効果が上がります

     

    4.ニートゥチェスト【大腰筋(インナー)】

    (1)イスに浅く座ります。両手はなるべくイスの後方につき、上体がイスにもたれかかるような姿勢をとり、両足を伸ばしてつま先を少しだけ床から持ち上げます。


    (2)両膝を胸につけるように、自分の方に引き付けてきます。10回2セット~。

    ※1~4までのトレーニング中は、なるべくキレイなモーションをとる事が大事です。
    そうする事で効果が上がり、ケガの予防にもなります。もし、トレーニング中に痛みを感じる時は、決して無理をしないで下さい。

    これで、腹筋の「外、内、深部、横、周囲」を鍛える事が可能です。

    一生懸命頑張っていると、木の幹がどんどん太くなるように、良い姿勢をとり続ける事が楽になります。腰にかかる負担も減るので腰痛改善にもなりますよ。

     

    お腹周りが気になる女性の方は、頑張れば必ずお腹のサイズも変わります!!

     

    週に3回、少なくとも2回、頑張ってみませんか。3か月頑張れば、早くやっとけば良かったなぁ~と思いますよ♪

    今回も長文をお読みいただき有難うございました!

    心の中がいつもお天気でありますように(*^-^*)

     

    ※このブログは、会員様の3月メルマガと同様の物です。

     

    ご感想はコチラまで♪→senakarepair@outlook.jp

     

    ★★ブログでは、「健康法」や「日々の出来事」「新製品の紹介」「イベント情報」などを
    綴ってます。良かったら覗いて下さい!★★★

    □発行者 治療院せなかリペア

    □SNS・ブログ

    ブログ www.senarepa.com (ホームページ内に移動しました!)

    ツイッター https://twitter.com/senakarepair

    フェイスブック https://www.facebook.com/senakarepair

    ※ツイッターやフェースブックでは、「予約の空き情報」「ブログの更新情報」を随時お知らせしております。

    □ホームページ

    URL www.senarepa.com

    □連絡先
     senakarepair@outlook.jp
    03-5933-6789

    ※上記のアドレスから「予約のお知らせ・緊急時の知らせ」以外のお便りを停止する事ができます。「メルマガの停止」と一言添えてご連絡ください。

    □〒114-0003
     東京都北区豊島8-25-3モロイハイツ101

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 藤原慧美のブログ足のトラブル・歪み2021.03.13

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    3月になり、暖かい日も増えましたね。

     

    最近はコロナウイルスの影響で、健康の為にウオーキングをされる方が増えています。

    私も、仕事の日は30分、休みの日は60分以上歩いて健康を意識してますよ♪

    所で、皆さんは歩いていて足が疲れる・痛くなってきたりしませんか?

    もしかしたら、足の歪みが影響しているのかもしれません。

     

    今回は、オルソティック(中敷き)についてお話ししていきます。

     

    オルソティックとは、医療用の中敷き・インソールのことです。

    オルソティックは、足首の骨の一つである距骨の内側の捻じれ(プロネーション)を矯正してくれます。

     

     

    ⇑距骨が内側に捻じれることで足の指が捻じれてしまいます。

     

    ・オルソティックの効果

    足の歪みを矯正してくれる

    ヒザの捻じれ・痛みの軽減

    歩行がスムーズになる

    姿勢がきれいになる

    などです。

     

    ・どんな人にオススメか

    ・足に痛みや変形(外反母趾など)やタコがある方

    ・膝や股関節などの脚に痛み・違和感がある方

    ・猫背や腰痛がある方

     

     

     

    ・距骨がプロネーションすることで起きる弊害

    距骨が内側に捻じれてしまうと、足の骨の間隔が広がったり・足のアーチがなくなったりします。(偏平足)

    足首の骨が一つでも歪んでしまうとスムーズな歩行が出来なくなり、本来体重がかからない所に負担がかかり、足の痛みや変形が起こります。

     

    ⇑土踏まずがなく、足が真っ平です。

     

    また、膝関節・股関節の痛みは距骨の内側が捻じれることで、関節の隙間が狭くなったり関節の靭帯が引っ張られたりなどのストレスがかかり、痛みが出てしまいます。

     

     

     

     

    ⇑膝、股関節も捻じれている

    ⇑関節の隙間が狭く、内側の骨がぶつかっている

     

    膝や股関節の痛みは骨盤の歪みが原因でもありますが、地面に接している足の歪みが大きく関係します。

    足首は、足自体でなく膝や股関節・骨盤のアライメント(位置)など、全身の体バランスを支えている重要な部位です。

     

     

     

    ⇑身体の歪みも著明に出る

     

     

     

    ・オルソティック装着前後の変化

     

    ⇑オルソティック装着前

    ⇑上の写真は私の足なのですが、膝の黒の点と足の紫の点が一直線に揃うのが理想です。

    ⇑私の足ですが、左足が外を向いています。

     

     

     


     

    ⇑オルソティック装着後

    膝、ふくらはぎのラインが真っすぐで、足も正面を向いています。

     

     

    今現在、足などの痛みある方は距骨の歪みがあるかもしれません。

    足元の歪みは足のトラブルだけでなく、身体全体のバランスも崩れてしまいます。

    私も院長も足の歪みが強く、痛みや変形があり歩行が不自然でしたが、オルソティックを入れてから改善されました♪

    皆様も一生元気で歩けるように、今から足の事を考えてみましょう!

    ====================
    東京メトロ南北線「王子神谷」駅から徒歩4分の『せなかリペア』は猫背・肩こり・腰痛の改善が得意な整体・治療院です。

    スポーツ界、医療機関などにも導入されている最新設備による正確な検査に加えて、豊富な知識と施術実績から培ったからだに負担をかけない優しくソフトな技法が得意なので安心して施術を受けられます。

    慢性的な肩こり・腰痛・膝痛・首痛・自律神経の乱れや姿勢の歪みなどを根本から改善を希望される方は、是非とも当院までお越し下さい。
    東十条、王子、赤羽の方からもお越しいただいております。

    【住所】東京都北区豊島8丁目25-3モロイハイツ101
    【電話】03-5933-6789
    ====================

     

    足部検査:60分 6030円 (税込)

    セミオーダーオルソティック(footbaionics):出来合いのオルソティックです。

    Dualdensity:10978円 (税込)

    シングル:10538円 (税込)

    children:8228円 (税込)

    フルオーダーオルソティック:一から足型を取る、オーダーメイドのオルソティックです。

    37378円 (税込)

    ※オルソティックを希望される場合は足部検査を受けてからとなります。

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 猫背改善肩こり院長のブログ2021.03.09

    こんにちは!治療院せなかリペアの関です(^_-)-☆

    唐突ですが、、、最近、ロードバイクを始めました。

    なんで始めたかと言うと、、、

    前々からロードバイク好きのお客さんに、「スゴーク楽しいから一緒にロードしよう!」と勧められていたんです。

    しかし、よくよく聞いたら結構初期投資がかかるようで(^▽^;)

    そんなにお小遣い持ってないし(-_-;)一万円づつ貯めるから待っててね(;^ω^)
    と焦らしていたのですが...この度、ロードバイクが買えるくらいまで溜まってしまいました(笑)
    ※コロナで何もできなかったので。。。

    <お知らせ>

    (1)■緊急事態宣言に際して当院の対応■

    「スタッフのうがい」、「手洗い」、「ベッドなど触れる部分への施術毎の消毒」、「換気(毎時間)」、「マスクの使用」を徹底致します。

    ※日常生活から気を付けていく次第です。受診の際などにお気づきの点がございましたら、お気軽にスタッフまでお申し付けください。

    ※診療時間や休診日など、宣言中に変更はございません。

    (2)3月23日(火)は都合によりお休みさせて頂きます。
       

    ~健康で美しく機能的な生活を送るためのヒント ~

    ★★★「身体の調和をとる」★★★

    コロナ禍になり、高校生の間でうつ病になる人が増えていると最近ニュースで観ました。

    中学生くらいから心の成長が著しい時期だと思います。

    しかし、最近はオンライン授業など普段と違う学校生活を送らざるを得ない環境の中で、
    子供たちは知らぬ間に不安を抱えているのでは?

    大人も心が成熟し耐性があるとは言え、こんな生活が長期間続く中で、身体の調和が徐々に崩れてきている方が大勢いらっしゃるのではないかと思います。

    私自身も、ニュースなどを観ていて、ふと不安になり呼吸が浅くなっていることに気付きます。

     

    心の緊張は、必ず身体に影響を与えます。

    それは、

    「呼吸が浅くなる」

    「首、肩の凝り」

    「常にイライラしている」

    「やる気が出ない」

    「夜眠れない、眠りが浅い」

    「腰痛や首痛がある」

    などなど・・・

    そこで、私がお勧めするのが「瞑想」です。

    ストレッチや運動、沢山の睡眠、自分でするリラックス法などを行っても、
    上記が改善しないなら、是非一度「瞑想」を試していただきたいです。

     

    やり方は至って簡単です↓↓↓

    1.お部屋を少し暗くし静かな場所を選びます。

    2.寒くないようにお部屋を暖める。

    3.椅子などになるべく良い姿勢で腰かけ、目を瞑ります。極力何も考えない。

    4.呼吸がゆっくりと深くなり、肩の力が抜けてくるまで行います。

    ■瞑想のポイント■

    瞑想中にあれこれ考えてしまう方は、、、

    ・眉間(第3の目ともいわれる)に集中する。
    ・自分の呼吸音を聞く。
    ・自分の心臓の鼓動を聞くようにする。
    ・上記のいずれもダメなら、気にせず思ってしまっても結構です。その時はゆっくりと目を瞑っているだけでも構いません。

    上手くいけば、10分を過ぎたあたりから呼吸がゆっくり深く出来ている事に気づくと思います。
    そのまま15分も過ぎると肩の力が抜けてきます。

    慣れてきたら、20~30分位瞑想を続けると、全身の力が抜けて頭や気持ちがリセットされた心地良さを感じると思います。

    この方法は、私が本当に体や心の緊張が取れない時に必ず行う奥の手です。
    だまされたと思って、私に10分くれませんか??

    時間がない人にこそおススメです。

     

    今週も、皆さんにプチ素敵な事が沢山舞い降りますように。
    いつも読んでくださって有難うございます。

    またねー(^_-)-☆

     

    ※このブログはメルマガで配信されています。

    ご感想はコチラまで♪→senakarepair@outlook.jp

     

    ★★ブログでは、「健康法」や「日々の出来事」「新製品の紹介」「イベント情報」などを
    綴ってます。良かったら覗いて下さい!★★★

    □発行者 治療院せなかリペア

    □SNS・ブログ

    ブログ www.senarepa.com (ホームページ内に移動しました!)

    ツイッター https://twitter.com/senakarepair

    フェイスブック https://www.facebook.com/senakarepair

    ※ツイッターやフェースブックでは、「予約の空き情報」「ブログの更新情報」を随時お知らせしております。

    □ホームページ

    URL www.senarepa.com

    □連絡先
     senakarepair@outlook.jp
    03-5933-6789

    ※上記のアドレスから「予約のお知らせ・緊急時の知らせ」以外のお便りを停止する事ができます。「メルマガの停止」と一言添えてご連絡ください。

    □〒114-0003
     東京都北区豊島8-25-3モロイハイツ101

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 藤原慧美のブログ2021.03.02

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    朝晩は寒いですが、日中は暖かくなってきましたね。

    春先は気温差が大きく、体調の変化やケガを起こしやすい時期なので用心をしましょう!

     

    本日はタイトルにあった「RICE(ライス)」についてお話しします。

    ちなみにお米の方のライスではありません(笑)

     

    RICEとは急性のケガ(捻挫・打撲・骨折など)における対処法の頭文字4つを表したものです。

    R(Rest) :安静

    I(Icinng):アイシング・冷却

    C(Compression):圧迫

    E(Elevation):挙上

     

    それぞれの効果を説明します。

     

    Rest(安静):動かすと刺激による炎症が出てしまうので、悪化を防ぐために安静を保ちます。

    Icinng(冷却):冷やすことで損傷した血管の通路を狭くし、血流量を減らします。

           細胞の損傷を最小限にして、炎症の進行を止めてくれる働きがあります。

           氷やアイスノンが有効的です。

    Compression(圧迫):腫れを皮膚表面に出さないよう、テープや包帯で圧迫します。

              圧迫しないと腫れや出血が表面に出て、神経を圧迫します。

              神経が圧迫されると、じっとしていても強い痛みを感じるので大事な処置になります。

              強く圧迫しすぎると末梢の血行が悪くなるので、指先・足先がうっ血してないか確認しましょう。

    Elevation(挙上):患部を高い位置にすることで心臓に血液が戻り、内出血や腫れを抑えてくれます。

           患部が足の場合は、膝下や足にクッションを置いて高くします。手の場合は心臓より高くします。

     ↓患部が足の場合です。

     

     

    今回は、急性時のケガの応急処置についてお話ししました。

    ケガは最初の処置が治癒に大きく関係し、特に3日間が急性期といって痛みが強い時期になります。

     

    この時期にRICE処置することで、症状が緩和され治癒に向かってきます。

    急性期を過ぎたら、循環を良くするために患部を温めたり・機能を回復させるためにリハビリを行います。

     

    痛みが和らいできたからといって、完璧に治ったわけではありません。

    傷ついた組織が完全に回復するのは3~5ケ月はかかります。

    包帯を自己判断で外したりケガを放置をすると、後遺症が残る可能性があります。

    ケガを治すには応急処置も含めリハビリも大事な治療になりますので、負傷時にはしっかり接骨院や整形外科などを受診しましょう!

    ぜひ、参考にしてください(^O^)

     

     

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 藤原慧美のブログ2021.02.23

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    2月も半ばが過ぎ、暖かい日が増えてきましたね🌸

     

    春先は花粉症だけでなく、季節の変わり目にケガをしたり・体調を崩されたりする方が多いです。

    今回は、痛みが出た際に「温める方が良いのか?冷やす方が良いのか?」がテーマです。

    痛み方や状態によって対処の仕方が違うので覚えていただけたらなと思います!

     

    冷やした方が良い場合

    ①捻挫・打撲・ギックリ腰などのケガ

    ②腫れや熱感がある

    ③激しく痛む

     

    ケガや使い過ぎによる炎症は、身体の中で火事が起こっている状態なので氷・アイスノンで鎮火が必要です。

    患部を冷やすことで、損傷した血管の通路が狭くなり血流量が減ります。

    それによって、細胞の損傷を最小限にして、炎症の進行を止めてくれる働きがあります。

    冷やすものとしては、氷やアイスノンが効果的です。

     

    温めたほうが良い場合

    ①凝っている・痛みが慢性的である

    ②じっとしていると痛む

    ③冷えている・浮腫んでいるような感じがする

    長時間同じ姿勢でいると関節・筋肉が緊張し硬くなります。

    筋肉が硬くなると筋肉内または周囲の血管や神経が圧迫されて、痛みが出ます。

    温めてあげることで筋肉の緊張が取れて、痛みが緩和します。

     

    また、浮腫みも血行不良が原因です。

    リンパという血液の一部が余計な老廃物や水分を回収してくれます。

    冷えや疲労・凝りなどで血行不良が起こると、リンパの働きが落ちて老廃物を回収しきれず浮腫んでしまいます。

    身体を触ってみて、浮腫んでいる・冷えている感じがあるときも温めるようにしましょう!

    温める際は、ホッカイロや湯船に浸かると血行が良くなります♪

    今回は、痛みが出た時の対処法についてお話ししました。

    ケガの状態・痛み方を知ることで悪化を防ぐことが出来ますので参考にしてみてください!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
店内写真

治療院せなかリペア

〒114-0003
東京都北区豊島8-25-3 モロイハイツ101
定休日:月曜日
日・祝は15時まで受付
[ご予約]03-5933-6789