×

お知らせ | 東十条 赤羽 王子から近い整体院 | 治療院せなかリペア | 王子神谷駅の整体(猫背改善 腰痛 肩こり)

ブログ記事
お知らせ
  • お知らせ2020.10.31

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    10月も末になり、寒い日が多くなってきましたね。

    寒くなってきますと、身体が縮こまったり・背中が丸くなったりしませんか?

    今回は、多くの方が悩んでいる「猫背」についてお話ししていきたいと思います。

    まずは猫背のことを解説する前に、正しい姿勢についてお伝えします。

     

    ・正しい姿勢とは

    背骨(頸椎・胸椎・腰椎・仙椎を合せた総称のこと)がS字状のカーブを描き、骨盤が背骨に対して少し前傾している状態のことをいいます。

    綺麗な姿勢は、余計な力を使わず骨格だけで身体を支えることが出来ます。

     

    ・どうして猫背になってしまうのか?

    猫背の状態背骨(胸椎の後湾が強い)が丸く、頭が前に出た状態のことを指します。

    理由:日本人の生活スタイルに問題があります。

       日本人は農耕民族で畑を耕したり・洗濯物をする際に前のめりの姿勢が多く、猫背になりやすいと考えられていま す。

    現代においては、パソコン作業で座っている時間が長く※「姿勢を支える筋肉低下してしまうことで、姿勢が悪くなってしまうのが原因です。

    また、パソコンをのぞき込む・利き手によるマウス操作の姿勢も影響しています。

     

    ※「姿勢を支える筋肉」

    首・肩・お腹・お尻・脚の筋肉が姿勢を支えます。(抗重力筋)

    そのなかでも重要なものをピックアップします。

    ①ハムストリングス:お尻から脚にかけて付着している大きい筋肉です。膝を曲げる筋肉です。

    脚を曲げている状態が長く続くと、ハムストリングスが縮こまってしまい膝が伸びなくなります。膝が伸びなくなると骨盤が歪んだり・背中が丸くなってしまいます。

    ②腹横筋:お腹をぐるっと包む、天然のコルセットの役割をする筋肉です。背骨・骨盤を正しい位置に保持する筋肉です。この筋肉が弱ってしまうと、綺麗な姿勢を維持することが出来ず猫背になります。

     

    ハムストリングス

     

     

    ・どうして治らないのか?

    結論を言いますと、小脳という場所が「猫背」という悪い姿勢を身体に染み込ませているからです。

    小脳には運動のフォームや姿勢などの動作を覚える働きがあり、何度も同じ動作を繰り返すことで身体に染み込ませます。

    いわゆる身体で覚えるというものです。

    身体に染み込んだ記憶は、習慣化されクセとなり治りにくくなってしまいます。

    猫背というのは一日にしてならずなのです!

     

    次回は、猫背を改善する方法についてがテーマです。ご期待下さい!

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ藤原慧美のブログ2020.10.23

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(*’▽’)

    10月も半ば過ぎ、寒く乾燥する日が増えてきましたね(-_-;)

    起床時に喉の乾燥や違和感を感じていませんか?

     

    今回は、「喉の役割」についてがテーマです。

    喉の乾燥は感染症を引き起こす要因になりますのでしっかり知識と対策を覚えましょう!

     

    ・喉の構造

    喉は咽頭(いんとう)・喉頭(こうとう)の2つの組織からできています。

    咽頭:鼻腔(鼻の奥)〜食道の入口までのことをいいます。

              食べ物を食道に送る通路・空気を気管に送る通路があります。

     

    喉頭:咽頭の下、気管の入口付近までのことをいいます。

    成人男性でいう喉ぼとけにあたる場所です。

     

    ・役割

    ①呼吸をする

    ②物を飲み込んで食道に送る

    ③声を発する

    ④細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ

     

    ・喉の乾燥と感染症の関係性

    喉の粘膜の表面には、細菌やウイルスをブロックする「線毛」という組織があり細菌やウイルスの侵入を防いでくれます。

     

    線毛は乾燥をすると働きが弱まって、細菌やウイルスが侵入しやすくなり炎症が生じます。

    炎症が起こることで喉の痛みや腫れの原因になります。

    空気の乾燥や水分不足は、喉の痛みだけでなく感染症を引き起こすリスクが高まります!

     

    対策

    こまめに水分を摂ることです。

    飲みすぎて気分が悪くなる方は、うがいをしたり・アメを舐めることでも喉を潤すことが出来ます。

     

    これから冬の寒さが厳しくなってきますので、早めに乾燥対策をしましょう!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ藤原慧美のブログ2020.10.13

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(*’▽’)

    10月も中旬になりましたが、暑かったり寒かったりする日が多いですね(^^;

     

    前回に引き続き、「気温差による不調(だるさ・頭痛)について」でお話ししていきます。

    今回は対策についてです。

    ・対策

    →温めることが効果的です!

    ご存知の方も多い対策かと思いますが、なぜ効果があるかのかを考えてみましょう!

     

    ①免疫力が上がる

    ・免疫機能に関与している細胞は体温が高いと活発に働きます。

    ・温めると免疫細胞の働きが良くなり、感染症にかかりにくくなります。

     

    ②疲れにくくなる

    ・身体を温めると全身の血流が良くなります。身体の隅々まで酸素が行きわたり、溜まっていた疲労物質が流れやすくなります。

    ・首や肩こりの予防にもつながります。

     

    ・温める方法

    ①ホッカイロ・蒸気の温熱シート

    →価格も安くコンビニなどで手に入り、手軽に身体を温めることが出来ます。

     肩・腰・お腹など冷えが気になる所に衣服の上から貼ると効果抜群です♪

     

    ②湯たんぽ

    →お湯があればすぐに温めることが出来るのでおススメです。

     

    ③脚のストレッチ

    →身体の中でも一番大きい筋肉である脚を動かすことで、効率良く熱を発生させることができます

    ↑当院でお伝えしている脚のストレッチです♪

    例)壁ドンストレッチ

    上記のようにつま先と膝の向きをまっすぐにして伸ばしたい脚を後ろに下げます。これを左右30秒ずつ行います。

     

     

    冷えは身体が硬くなるだけでなく、神経・細胞の働きも悪くしてしまいます。

    しっかり温めて秋の寒暖差だけでなく、これから来る冬の寒さに負けない身体作りをしましょう!!

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ2020.10.11

    こんにちは!藤原 森です(^O^)/

     

    毎年恒例、「北区まちゼミ」の季節がやってきました!

     

     

    とはいえ、まだまだコロナ禍真っただ中。

    そこで今年のまちゼミは…

     

    いつも通りの店舗内講座に加えて

     

    オンライン講座!

     

    開講いたします!!!

     

     

     

    ①通常講座

    今まで通りの店舗内で行う講座になります。

     

    もちろん感染拡大防止のため

    ・マスクの着用

    ・消毒の徹底

    ・例年よりも定員を減らす

    こういった対策の上で講座を実施いたします!

     

    通常講座の詳細はコチラ

     

     

     

     

    ②オンライン講座

    ご自宅からPC,スマートフォンで参加できる講座です!

    状勢に配慮し今年からの開催!

     

    顔を直接会わせない講座は少し寂しい気もしますが、参加者の方に楽しんで頂けるような

    講座を目指していきます!

     

    詳細、お申込みはコチラ

     

     

    どちらの講座も参加者の方に楽しんで頂けるように張り切って準備しています!

     

    参加費は無料!!!

     

    是非お気軽にご参加下さい!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ2020.10.03

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(*’▽’)

    10月に入り、日中は暑いですが朝晩は涼しくなってきて秋らしい陽気になりましたね🌰

    そのせいか、朝晩の気温差で体調を崩す方がとても増えています(-_-;)

     

    なぜ、季節の変わり目で体調が崩れてしまうのでしょう?

    今回は「なぜ気温差で体調が崩れてしまうか」をお伝えします!

     

     

     

    ・気温差と自律神経の関係

    「自律神経とは?」のブログと内容が重複してしまうのですが、

    自律神経には内臓・血管・体温を一定に保つなどの働きがあります。

    暑い日は汗をかいて体温を下げたり、寒い日は脂肪を蓄えて熱を逃がさないようにしたりなどを自動で行ってくれますが、

    気温差が10度近くあると、必要以上に自律神経がエネルギーを使い疲弊して様々な不調が起こります。

     

    ・気温差が激しい季節

    春先と秋口は気温差が大きく季節も変わります。

     

    ・自律神経の乱れで起こる不調

    だるさ・疲労・頭痛・不眠・便秘など多岐にわたります。

    ・原因

    日常生活でストレスを抱えていたり・不規則な生活を送っている方は自律神経が乱れやすいです。

    ストレスがかかると交感神経の働きが優位になって、心拍数が上がり疲れやすい・血管が収縮して血流が悪くなったりします。

    また、不規則な生活をしている方は睡眠のリズムが崩れ疲労が溜まりやすくなります。

    上記の様な生活をしている方は自律神経が乱れやすく、気温差による変化に身体が追い付かず不調が出やすいです。

     

    今回は気温差による不調についてお話ししました。

    いつも季節の変わり目で体調を崩される方は、普段からの生活が大きく関係しているかと思われます。

     

    次回は対策についてお伝えします!!

     

     

     

     

     

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
店内写真

治療院せなかリペア

〒114-0003
東京都北区豊島8-25-3 モロイハイツ101
定休日:月曜日
日・祝は15時まで受付
[ご予約]03-5933-6789