×

#治療院せなかリペア | 東十条 赤羽 王子から近い整体院 | 治療院せなかリペア

ブログ記事
「#治療院せなかリペア」
  • 藤原慧美のブログ2021.03.02

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    朝晩は寒いですが、日中は暖かくなってきましたね。

    春先は気温差が大きく、体調の変化やケガを起こしやすい時期なので用心をしましょう!

     

    本日はタイトルにあった「RICE(ライス)」についてお話しします。

    ちなみにお米の方のライスではありません(笑)

     

    RICEとは急性のケガ(捻挫・打撲・骨折など)における対処法の頭文字4つを表したものです。

    R(Rest) :安静

    I(Icinng):アイシング・冷却

    C(Compression):圧迫

    E(Elevation):挙上

     

    それぞれの効果を説明します。

     

    Rest(安静):動かすと刺激による炎症が出てしまうので、悪化を防ぐために安静を保ちます。

    Icinng(冷却):冷やすことで損傷した血管の通路を狭くし、血流量を減らします。

           細胞の損傷を最小限にして、炎症の進行を止めてくれる働きがあります。

           氷やアイスノンが有効的です。

    Compression(圧迫):腫れを皮膚表面に出さないよう、テープや包帯で圧迫します。

              圧迫しないと腫れや出血が表面に出て、神経を圧迫します。

              神経が圧迫されると、じっとしていても強い痛みを感じるので大事な処置になります。

              強く圧迫しすぎると末梢の血行が悪くなるので、指先・足先がうっ血してないか確認しましょう。

    Elevation(挙上):患部を高い位置にすることで心臓に血液が戻り、内出血や腫れを抑えてくれます。

           患部が足の場合は、膝下や足にクッションを置いて高くします。手の場合は心臓より高くします。

     ↓患部が足の場合です。

     

     

    今回は、急性時のケガの応急処置についてお話ししました。

    ケガは最初の処置が治癒に大きく関係し、特に3日間が急性期といって痛みが強い時期になります。

     

    この時期にRICE処置することで、症状が緩和され治癒に向かってきます。

    急性期を過ぎたら、循環を良くするために患部を温めたり・機能を回復させるためにリハビリを行います。

     

    痛みが和らいできたからといって、完璧に治ったわけではありません。

    傷ついた組織が完全に回復するのは3~5ケ月はかかります。

    包帯を自己判断で外したりケガを放置をすると、後遺症が残る可能性があります。

    ケガを治すには応急処置も含めリハビリも大事な治療になりますので、負傷時にはしっかり接骨院や整形外科などを受診しましょう!

    ぜひ、参考にしてください(^O^)

     

     

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ2021.03.02

    こんにちは。せなかリペア、藤原慧美です(*’▽’)

    朝晩は寒いですが、日中は暖かくなってきましたね。

    春先は気温差が大きく、体調の変化やケガを起こしやすい時期なので用心をしましょう!

     

    本日はタイトルにあった「RICE(ライス)」についてお話しします。

    ちなみにお米の方のライスではありません(笑)

     

    RICEとは急性のケガ(捻挫・打撲・骨折など)における対処法の頭文字4つを表したものです。

    R(Rest) :安静

    I(Icinng):アイシング・冷却

    C(Compression):圧迫

    E(Elevation):挙上

     

    それぞれの効果を説明します。

     

    Rest(安静):動かすと刺激による炎症が出てしまうので、悪化を防ぐために安静を保ちます。

    Icinng(冷却):冷やすことで損傷した血管の通路を狭くし、血流量を減らします。

           細胞の損傷を最小限にして、炎症の進行を止めてくれる働きがあります。

           氷やアイスノンが有効的です。

    Compression(圧迫):腫れを皮膚表面に出さないよう、テープや包帯で圧迫します。

              圧迫しないと腫れや出血が表面に出て、神経を圧迫します。

              神経が圧迫されると、じっとしていても強い痛みを感じるので大事な処置になります。

              強く圧迫しすぎると末梢の血行が悪くなるので、指先・足先がうっ血してないか確認しましょう。

    Elevation(挙上):患部を高い位置にすることで心臓に血液が戻り、内出血や腫れを抑えてくれます。

           患部が足の場合は、膝下や足にクッションを置いて高くします。手の場合は心臓より高くします。

     ↓患部が足の場合です。

     

     

    今回は、急性時のケガの応急処置についてお話ししました。

    ケガは最初の処置が治癒に大きく関係し、特に3日間が急性期といって痛みが強い時期になります。

     

    この時期にRICE処置することで、症状が緩和され治癒に向かってきます。

    急性期を過ぎたら、循環を良くするために患部を温めたり・機能を回復させるためにリハビリを行います。

     

    痛みが和らいできたからといって、完璧に治ったわけではありません。

    傷ついた組織が完全に回復するのは3~5ケ月はかかります。

    包帯を自己判断で外したりケガを放置をすると、後遺症が残る可能性があります。

    ケガを治すには応急処置も含めリハビリも大事な治療になりますので、負傷時にはしっかり接骨院や整形外科などを受診しましょう!

    ぜひ、参考にしてください(^O^)

     

     

     

     

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • お知らせ藤原慧美のブログ2020.05.22

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(^O^)

    連休が明けて、少しずつですが新型コロナウイルスの感染者の数が減ってきましたね。

    まだ自粛生活が続くのでマスクを手放すのはもう少し時間がかかりそう(-_-;)

    最近は公園などでマスクを着用してウオーキング・ランニングをされている方が多いですね。

    夏場になって暑くなってくると、マスクの着用が熱中症のリスクを高めると言われてます。

     

    今回は夏場のマスクの注意点・熱中症対策についてお伝えしていきます!

     

    ・熱中症のメカニズム

    通常、人は体の熱を産み出す働き(産熱)・体から熱を逃がす働き(放熱)のバランスで体温を調節しています。

    暑いときは汗をかき、その汗が蒸発して体温を下げてくれます。

    高温多湿の環境にいると体温調節機能が崩れ、体内に汗がこもり様々な症状が出て不調が出てしまいます。

    これが熱中症です。

    原因は環境(高温多湿・日差しが強いなど)身体的(暑さに体が慣れていない・疲労・寝不足などで体調が優れないなど)が挙げれます。

     

    ・マスクと熱中症

    →マスクをつけているとマスク内部が熱くなり、熱が逃げないので熱中症のリスクが高まります。

    →また、マスクの着用で喉が潤っていると勘違いし、水分を摂らず脱水状態になっていることも起こりやすい原因となります。

    ・対策

    ①こまめに水分を摂る

    →脱水症状にならないため

    ②適度に休憩を入れる・涼しい場所に移動する

    →疲労状態は熱中症になりやすいので休憩をいれることと、涼しい場所に移動することで体温上昇をゆるやかにしてくれます。

    ③深呼吸をする

    →空気がこもらないよう深呼吸をします。

    →できれば人が少ない所ではマスクを外すのが理想です。

     

     

    マスクの着用で熱中症の危険性が高まってしまうというのは意外ですよね(;^_^A

    夏の暑さはこれからもっと厳しくなるので、今のうちに熱中症になりにくい体作りと対策をしましょう!

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • 藤原慧美のブログ2020.05.22

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(^O^)

    連休が明けて、少しずつですが新型コロナウイルスの感染者の数が減ってきましたね。

    まだ自粛生活が続くのでマスクを手放すのはもう少し時間がかかりそう(-_-;)

    最近は公園などでマスクを着用してウオーキング・ランニングをされている方が多いですね。

    夏場になって暑くなってくると、マスクの着用が熱中症のリスクを高めると言われてます。

     

    今回は夏場のマスクの注意点・熱中症対策についてお伝えしていきます!

     

    ・熱中症のメカニズム

    通常、人は体の熱を産み出す働き(産熱)・体から熱を逃がす働き(放熱)のバランスで体温を調節しています。

    暑いときは汗をかき、その汗が蒸発して体温を下げてくれます。

    高温多湿の環境にいると体温調節機能が崩れ、体内に汗がこもり様々な症状が出て不調が出てしまいます。

    これが熱中症です。

    原因は環境(高温多湿・日差しが強いなど)身体的(暑さに体が慣れていない・疲労・寝不足などで体調が優れないなど)が挙げれます。

     

    ・マスクと熱中症

    →マスクをつけているとマスク内部が熱くなり、熱が逃げないので熱中症のリスクが高まります。

    →また、マスクの着用で喉が潤っていると勘違いし、水分を摂らず脱水状態になっていることも起こりやすい原因となります。

    ・対策

    ①こまめに水分を摂る

    →脱水症状にならないため

    ②適度に休憩を入れる・涼しい場所に移動する

    →疲労状態は熱中症になりやすいので休憩をいれることと、涼しい場所に移動することで体温上昇をゆるやかにしてくれます。

    ③深呼吸をする

    →空気がこもらないよう深呼吸をします。

    →できれば人が少ない所ではマスクを外すのが理想です。

     

     

    マスクの着用で熱中症の危険性が高まってしまうというのは意外ですよね(;^_^A

    夏の暑さはこれからもっと厳しくなるので、今のうちに熱中症になりにくい体作りと対策をしましょう!

     

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
  • ブログ藤原慧美のブログ2020.05.09

    こんにちは。せなかリペア藤原慧美です(*´꒳`*)

    ゴールデンウイーク明けましたが、自粛生活は続きますね💦

    新型コロナウイルスの影響で健康に関して意識が高まったのではないでしょうか?

    うがい手洗いはもちろん運動習慣や食事を気にする方が増えてきます。

    私も食事のカロリーやバランス(糖質を撮りすぎない等)に気をつけています。

    最近では簡単なものですがお弁当を職場に持参していたり、作っていたりしていますので紹介させてください(^^♪

     

    ・ヘルシー志向なお昼🥪

     

     

     

     

    ↑4月上旬のお昼♪

    コンビニのサラダチキン・スムージーは定番で食べています(笑)

    もう少し食べたいときはフルーツプロテイン入りのお菓子を食べるようにしています!

     

     

    ↑5月に入ってからのお昼🥪

    先月まではサラダチキンをコンビニで購入していたのですが、5月からスーパーで買って自分の家で味付けをして持っていくようにしました♪旦那のお昼も鶏肉を詰めて持たせています!

    なるべくお昼は糖質を抜いて、たんぱく質中心にしています。

     

     

    ・妹に作っているお弁当です♪

    ↑唐揚げ・玉子焼きといった定番メニューです。

     

     

    ↑ブロッコリーと卵炒めとネギ塩豚丼です。

     

     

    今回は、私が気を付けている食事について紹介いたしました。

    お昼に糖質を少なくする代わりに朝または夜にはしっかり糖質・脂質を摂るようにしています。

    食事はバランスが大事です。

     

    時には好きなものを食べてメリハリをつけることも大事です。

     

    ↑お休みの時に食べた居酒屋風メニューです(笑)

     

    健康に気を付けたいけれど運動はハードル高い方は、まずは食事から試してみると良いと思います。

    楽しく食べて健康になりましょう(^▽^)

    読んでいただきありがとうございます!

    Like
    Like Love Haha Wow Sad Angry
店内写真

治療院せなかリペア

〒114-0003
東京都北区豊島8-25-3 モロイハイツ101
定休日:月曜日
日・祝は15時まで受付
[ご予約]03-5933-6789