Menu

施術の流れ

Home

施術の流れ

一般施術の流れ(初診の場合)

腰痛・肩こり・むくみ・首痛・関節の痛み・筋肉痛など
矯正療法を中心に、補助的に超音波療法(LIPUS)・筋調整療法・テーピング療法などを組み合わせ慰安ではなく芯からお身体の不調を改善していきます。

1.問診

問診票を元に、クライアント様の要望をしっかりとお伺いします。
「痛みを和らげたい」 「スポーツのパフォーマンスを上げたい」 「歪みが気になる」 など
そして、それが私たちの施術でどの程度改善できるかなど親身になってお伺い致します。
(既往病・体調などもお伺いし安全に施術を進めていきます。)

2.検査

・触診(関節の柔軟性を診ます)
・可動域検査(関節の動きの範囲を診ます。)
・バランス検査 (立位で正常に立てているかを検査します。)
・整形外科テスト (臨床現場で診断の指標の一つとなる検査です。)
※姿勢が気になる方は、簡易姿勢測定(無料 4方向から写真を撮り、施術後の変化を見る事ができます。)もこの段階で行います。

3.施術

主に、矯正療法を中心に施術いたします。
全身の硬く動かなくなった関節や歪みの原因となっている関節や筋膜に対し矯正療法を行います。

□補助療法□
超音波療法
(LIPUS→ 組織の回復力を早めるのに優れております。骨折などは回復時間を最大で40%軽減します。)
筋調整療法
(筋肉の柔軟性を無くした部分をほぐすように調整いたします。)
テーピング療法
(損傷した筋肉や関節の保護。血流・リンパの流れを良くし回復を早めます。)

4.施術後のチェック

2の「検査」をもう一度行い、回復の度合いをクライアント様と一緒に確認していきます。
ここで、異変があれば微調整を行ったりします。
(簡易の姿勢測定(無料)を希望の方は再度、写真を撮り姿勢が改善したか見ます。)

5.カウンセリング・治療計画

クライアント様の希望を満たすために「エクササイズ」や「生活指導」、
回復までの道筋を理解して頂き、良好な施術ペースなどをご提案いたします。

ねこぜトリートメント5ステップ

1.コンピューター姿勢検査・カウンセリング

姿勢改善を目的としているコースです。
① 姿勢を良くしたい動機をお伺いし、その要望にあったレベルの施術を提案していきます。
② コンピューター姿勢検査を行い、視覚的に姿勢の悪くなった所を共に確認します。
③ 触診、可動域検査、バランステストなどを行い身体の柔軟性や関節可動性などをチェックしていきます。
④ ①②③の3つの内容を吟味し、最良と思われる施術をご提案致します!

2.矯正療法

コアの部分(骨盤~背骨~頭部)を中心に矯正していきます。丸くなった骨盤が起きることで自然と背筋が伸び、背中の柔軟性が出ることで前方に突き出した首の位置が元に戻ってきます。

3.姿勢トレーニング

身体を支えるには、重力に耐える筋力、「抗重力筋」が必要です。 抗重力筋の中でも姿勢維持に大切な腹周りの筋肉をトレーニングして行きます。
背中の硬さ・肩回りの硬さなども良い姿勢の妨げです。その部位には、1キロ程度からのダンベルトレーニングなども行います。
(腹筋などに対して抵抗のある方も多いのですが80歳代からできるトレーニング法もありますので心配はいりません。)

4.再チェック

施術後のお写真を撮らせて頂き、施術前と姿勢がより改善されているか一緒に確認を行います。
(簡易姿勢検査)

5.カウンセリング・治療計画

・ご自宅でも無理なくできるように、行ったトレーニング法の用紙をお渡し致します。
・施術後の過ごし方や、セルフトレーニングの注意点などのご説明。
・ご要望をお聞きしながら最良の効果が出るペースをご提案致します。
※注. セルフトレーニングは、1日・2日やらなくても急激にトレーニングした効果がなくなる訳ではありません。セルフトレーニングシートを冷蔵庫に貼り勇気を出して5分でもやってみてください。きっと素敵な効果が出ます!
(くじけそうな時は私にメールを下さい!応援メールをお送りします!)

コンピューター姿勢測定5ステップ

JGA(財団法人日本ゴルフ協会)ナショナルチームの体力測定。大学などの学術研究・フィットネスジム・医療などにも利用される本格的な姿勢計測用のコンピューターPA200を導入しております。
ご自身で不調個所の原因を見ることのできる唯一の機械です。

1. 問診

姿勢やお身体の気になる所などを簡単にお伺いいたします。測定でどんな事が解るかなど手短に説明いたします。

2 .測定準備

① お洋服によっては正確に計測できないものがあります。その際は、こちらで用意したウェアに着替えて頂きます。(骨盤の歪みを見るためにシャツをズボンに入れて頂きます。)
② より正確に歪みを見るため、身体の指標となる場所16ヵ所にポイントシールを貼ります。
□測定に適したお洋服□
・膝頭が出るもの ・体のラインの見えるもの(フィットしたお洋服)

3. 撮影

① 足圧センサー付きの専用台に乗って頂きます。
② 前後・左右4方向から、専用のカメラで撮影させて頂きます。
③ 足圧を計測いたします。

4.データ入力と姿勢レビューシートの発行

① 関節の捻れや傾きなどを数値化するために、コンピューターにデータを入力します。
② 測定結果を3枚の用紙にカラー印刷し、ファイリングしてお渡しいたします。

5.カウンセリング(「カウンセリング付き」を選択時のみ)

① レビューシートの簡単な見方を説明いたします。
② 改善したい部位について改善方法や予防法などについてアドバイスをさせて頂きます。
③ ご自宅に帰ってからレビューシートに出ている不調個所を中心にエクササイズする事で、無駄なく良い結果を出すことが出来ます。

メディカルインソール(足底板作成) 4ステップ

インソールはアスリートのみならず「猫背」「糖尿病患者」「腰痛」「外反母趾」「変形性膝関節症」「側弯症」「足底腱膜炎」「踵骨棘突起炎」 等、各種症状にお悩みになられている方にも矯正具として効果的となります。(リュウマチ・糖尿病などはフルオーダーインソールが対象となります。)

1.検査

① 足圧検査・姿勢検査・筋力検査・足部の変形や足関節の柔軟性や動きを検査していきます。
② 再度、仮ソール装着した状態で姿勢検査や筋力検査をしていただきます。
③ ②で改善がみられたソールを選択します。

2.カウンセリング

① クライアント様の困った症状をお伺いいたします。
② 「検査」で発見された足部異常がどんな悪影響を及ぼしているのかを分かりやすく説明いたします。

3.セッティング(汎用性インソール)

汎用性ソールを、足部によりフィットするように成形していきます。
① お使いの靴のソールを基準に汎用性インソールをカットし、大きさを整え靴に装着します。
② インソールを熱で柔らかくした状態で履いていただきます。
③ 正しい位置に骨が来るように足をガイドし、その状態で立って頂きます。
④ 上記の状態で1分程で、足にピッタリ合った汎用性ソールの完成です。

4.足型取り(フルオーダーインソール)

① 椅子に腰を掛けて頂き、半荷重の状態で行います。
② インプレッションボックスに正しい位置に骨をガイドした足を力強よく押し付けていきます。
③ クライアント様の用途をお聞きし素材を選択。インプレッションボックスをスキャニングしたデータをカナダLeo Lab社に送り制作の依頼を致します。(当日は、ここまで終了です。納品後、もう一度御来院して頂きます。)

4.テスト歩行・使用説明

実際に歩行して頂き正常な歩行が取れているかを確認いたします。(フルオーダーインソールは、納品後になります)
各インソールの注意点や、使用説明を行っていきます。また、お困りの症状が改善するためのアドバイスなども同時に行っていきます。

PAGE TOP

治療院せなかリペア

〒114-0003
東京都北区豊島8-25-3
モロイハイツ101

■TEL 03-5933-6789
■営業時間
平日 10:30~14:30 / 16:00~21:00
日曜日・祝日 10:00~15:00
月曜日定休
■駐車場 無(近くにコインパーキング有)